メールマーケティングってなんだろう?

メールマーケティングってなに?


メールを利用して集客や育成、リピーターの囲い込みなどを目的としたマーケティング手法、それがメールマーケティングです。
なんとなく聞いたことがある、もしくは知っているかもしれませんが、「メルマガ」や「ステップメール」などもこのメールマーケティングの一部です。

最近ではLINEを使ったマーケティングもありますがそれはまた別のタイミングでご説明します。

まず、この記事でメールマーケティングとは何か、ということを理解するためにも基礎知識を学び、そして活用法までも解説していきます。

メールマーケティング?メルマガ?


読者に対して企業や個人がメール機能を使い一斉にメールを送信することをメルマガ(メールマガジン)と言います。

一斉送信の手法は安価に収まります。
そしてメルマガのシステム導入もハードルが低いためメルマガ手法は爆発的に普及したのですが、その結果読者は多くの企業から多くのメルマガを受信することとなり、メールボックスがメルマガで埋め尽くされた結果開封率の低下、そして開封されても最後まで読まれないなどといった現象が起き、メルマガの効果は疑問視されるようになりました。

そんな中、新たに考え出されたのが一方通行の情報伝達ではなく一人一人にあったメール配信で効果を最大化させよう!
という考え方です。
これがいわゆる1 to 1マーケティングです。

読者全員に配信する数打てば当たるマシンガンのようなメルマガではく一人一人にあった内容で高い効果生み出す方向へとシフトチェンジしているのです。

では、メールマーケティングはどうやって進めるの?


目標の設定をしましょう

マーケティングをする上で絶対に必要な目標設定。
もちろん、このメールマーケティングでも目標設定は必要です。
闇雲にやっても意味がありません。仮に効果が出たとしてもかなり遠回りすることになるでしょう。
なのでまず、目標設定をして、目標に対し効果の最大化を狙います。

定量的な設定と継続的なPDCAが欠かせません。
注意点として目標設定は必ず定量的に行うことです。

例えば・・・

・メールの開封率
・コンバージョン率
・メール内のURLクリック率

数値として目標設定することで達成、未達が一目瞭然となり次回の改善に繋げることができます。

次に気をつけなければならないのが、管理しているリストに対して全員に一斉配信することです。
これは効果の最大化を縮小させる可能性が高いです。

その理由は、温度感の違いです。
あなたのサービスに対して「これはすごい!」「こんなのあるんだ〜」「とりあえずチェック」など顧客の温度感は違うのです。

なので温度感やロイヤリティで顧客のセパレートし、それぞれに合う内容のメールを配信することがベストです。
しかし、「そこまで手がかけられないよー」と言うことでしたら最も狙いたい層だけをターゲティングし、メール配信することで効果は最大化されます。

コンテンツ

メールの内容は非常に重要です。
いくら狙う層が決まっていてもコンテンツがダメなら台無しです。
顧客の目的を考え目的にあった内容を配信する必要があります。

目的が直接的な効果(セミナー集客や商品の購入)を求めるような内容の場合はシンプルな構成にすることがコンバージョンへの近道です。

仮に商品購入を目的としましょう。
顧客はメールを見て、文章を読み、気になる画像や動画を見て、URLをクリックしてさらに情報を深掘りした上でショッピングサイトで購入手続きというのが一連の流れです。
これがどういうことかお分かりでしょか?

この場合はメールで内容を伝えるのではなくよりスムーズなサイト誘導をしましょう。
サイト自体に詳細な情報があるのでメールには詳細な内容は必要ありません。
必要なのは魅力づけとスムーズな誘導です。

「気になるけど詳細はわからない」この状態を作ることがベストです。

実は海外のメールマーケティング市場ではファーストビューで目を引く画像、そして短めのキャッチコピーのみの構成が主流になっています。

よく聞くHTMLメールとは


まず、メルマガには2種類のメールがあることをご存知でしょうか?

それが

・テキストメール
・HTMLメール

この2種類になります。

「あー、なんとなく聞いたことある」なんて方も多いかもしれません。

まずテキストメールとはテキスト(文章)のみで構成されたメールのことです。
専門的な知識は必要ないので誰でも気軽に作成することができます。
普段使っているメールがテキストメールだと認識して下さい。

では、HTMLメールとはなんでしょうか。
HTMLはホームページなどを作成するときに使われるタグのことでそれを利用して作成されたメールがHTMLメールです。

HTMLメールにすることで文字サイズや色、そして画像や動画などをメールの中に差し込むことができます。
通常のテキストメールとは異なり見た目のインパクト度が格段と上がります。

これは前章で説明した商品購入を促す、ページ誘導型メルマガのパターンでは非常に効果的です。

まとめ

POINT

メールマーケティングは安価に始めることが可能
目標設定が重要