フェイスブックページの基礎とおさらい

今更感・・・でもやっぱりFacebookページ!

「今更、Facebookなんて説明を聞かなくても分かってるよ」と思う方も多くいるとは思いますが、今回はあえてその基礎をご説明致します。
実は知ってるようで知らなかったことやそういえばあれってどうやるんだっけ?なんだっけ?という復習も兼ねて読んでいただけたら幸いです。

フェイスブックページを持つことでマーケティングをすることも出来ますし、広告の出稿もできます。
フェイスブックの広告ではなくインスタグラムの広告もこのフェイスブックページから出稿出来ますし管理ができます。
無料で作れるフェイスブックページですが多くのメリットを受けることができます。
中にはホームページの代わりに利用している方も多くいらっしゃいます。
情報発信の場としてもコミュニケーションの場としても活用できるそんなフェイスブックページの基礎、個人ページとの違いはなんなんのか?を理解して行きましょう!

そもそもFacebookページとは

そもそもFacebookページってどういう時に使うの?
用途は個人アカウントとは別に自分の活動や企業、団体などが情報発信の場として運営しているのが一般的です。
個人アカウントはあくまで個人のアカウントなので自分以外にアクセスして操作することはないですよね。
それがFacebookページの場合は複数人で管理することとが出来ます。
企業等でアカウントを管理して社員が更新するなど、そういった運営の仕方が可能となります。

本題!Facebookページと個人ページ何が違うの?

「Facebookページ、個人ページどっちにしたってFacebookだよね?」
どっちにしてもFacebookで間違いありませんが、違いがいくつもあります。
慣れていない方にとっては違いが分かりづらくめんどくさいな、と感じで使わなかったりしますが、今回はその分からないを分かるに変えていきましょう!

豊富な機能!

個人ページでは分からないアクセスの解析ツールが付いています。
投稿した記事一つ一つのアクセスが可能で、いいねの数だけではなく、リーチやリンクのクリック数などを調べることができます。
勿論、出稿した広告の解析も可能です。

また、Facebookに登録していなくても閲覧することが可能な事もフェイスブックページの魅力の一つです。
個人ページではアカウントを持っていてログインしていないと見ることは出来ませんがそれがFacebookページになると可能になります。
検索エンジンからも表示されるようになりますので事業スタートの段階ではホームページよりも早く上位表示される事も多くあります。

Facebook内に作るホームページとして考えて頂ければ理解しやすいかと思います。

複数管理が可能!

ログイン情報を持っている人しかログイン出来ないのが個人アカウントの特徴です。
しかし、Facebookページは作成した本人以外でも運営の管理者として登録すれば複数人での運営が可能になります。
なので、マーケティング部で共有したり、店舗スタッフで共有したりと色々な使い方が出来るのも魅力です。

複数のページが作れる!

Facebookの個人アカウントの作成は基本的に1つまでとなっています。
しかしそれがFacebookページになると複数のアカウントを作成、管理することが可能となり、また、個人のアカウントと紐付けることも可能です。(紐付けなくてもOK)

友達ではなく『いいね!』に変わる

個人ページでは友達という機能があり、申請したりされたりすることによってそのアカウント同士が繋がる形になります。
フェイスブックページではその友達とい機能がありません。
一方的にユーザーがFacebookページに『いいね!』をします。
これが個人アカウントでいう友達追加のようなものでFacebookページに『いいね!』をされると相手のニュースフィードに投稿した記事が流れるようになります。

個人ページでは友達の上限数が決まっていますが、Facebookページの『いいね!』の数には上限がないので多くのユーザーに対してアプローチ、そしてマーケティングをすることが出来ます。

付録:グループとは?

Facebookページに近く個人アカウントにも近い存在、それがFacebookグループです。
色々あってややこしくなって来ましたがこの3つを理解すればFacebookというものの全体像が見えてきます!

Facebookページ同様に複数人で管理する事が出来るのでそういった意味ではFacebookページに近いのですが、Facebookグループに招待したユーザー以外は投稿を見る事が出来ないなどプライバシーの設定が出来ます。
なので会員限定のページのような存在にする事ができます。
グループでの情報共有やコミュニケーションに特化した機能、それがFacebookグループです。

コミュニティーとしての機能が豊富!

Facebookグループでは豊富な機能が満載です!
グループ参加内でのでのメッセージは勿論可能ですが、それ以外にもワードやエクセル、動画や画像まで共有することができます、
機能は今後も益々増えていく見込みがあり、特に管理者向けの機能もパワーアップしています。
アクセス解析などFacebookページでお馴染みの機能まで使うことが可能です。

特にファンコミュニティーの運営に向いるのでFacebookページよりもFacebookグループの方が利用用途に合致している場合もありますのでFacebookページを作る前に検討してみることをお勧めします。

まとめ

Facebookページと個人アカウントの違いは大きく分けて3つ!
・複数のアカウント作成が可能
・企業やブランド、団体などの情報を発信するページ
・友達という機能は無く『いいね!』という機能になっている。

オープンレベルは下記の通り
フェイスブックページ<フェイスブックグループ<個人アカウント 使用用途に応じて、検討しましょう。

関連記事

  1. SEOの基本的な考え方